長茎術 デメリット

ヒルタワは親切

長茎術について知りたかった方は、がっかりしてしまったでしょうか。
現に私は手術してないので、術後の経過とかは書けませんから…。

 

でもそれでは申し訳ないので、私がヒルタワに相談する前に
調べたこと&相談して知ったことをまとめておきます。

 

まずは切る長茎術と切らない長茎術の違いについて。
どちらも体内に埋まっているPを引っ張りだすという点では同じです。
P全体の長さは個人差はあまりなく、
それがどれだけ体外に出ているかの差らしいですね。

 

 

切る、切らないは「靭帯を切るか否か」にあります。
靭帯とは恥骨とPを結びつけているもので、これを切れば
体内に埋まっているPを体の外に引き出せます。

 

切ると聞くとかなり痛そうな感じがしますが、
切る方のメリットは後遺症が少ないということだそうです。
しかも一度手術してしまえば半永久的に効果が続きます。

 

そのかわり腕が悪いクリニックでは、傷跡や痛みが残るそうです…。

 

 

 

そこで考えだされたのが切らない長茎術。
こちらは靭帯を切ることなく、Pを糸で固定します。
はじめのうちは引っ張られている感覚が残るものの、
手術費用が安く、しかもシャワーや性交もすぐできます。

 

傷跡も残りませんし、メリットが多そうに見えますが、
悪質なクリニックでは粗悪な糸を使っていて糸が切れたり
術後にも痛みが残ってしまう事があるようです。

 

なお、長茎術で伸びるのはせいぜい数センチ
長い人でも5センチがやっとということです。
そして勃起時の見た目は殆ど変わりません。

 

(※)どれくらい長茎術で伸びるかは
手術前の診察で事前にわかるようです。

 

ということで、同性や風俗嬢に第一印象として
強くアピールしたいのでなければ、別にやらなくても良いだろう、
という結論になりました。

 

しかしヒルタワは儲ける気無いんだろうか。
良心的なのだとは思うが…。

手術するなら

長茎術はその性質上、切羽詰まってません。

 

例えば真性包茎とかなら緊急性を要しますから
直ぐに手術を、って考える人が多いんですけど、
長茎術は「せっかく手術するんならついでに見た目も綺麗にしてもらおう」
程度で他の手術のオプションとしてやるのが一般的のようです。

 

だから長茎術をメインでやっているクリニックは少なくて、
有名どころ&信頼できるのはABCやヒルタワぐらい
どちらも施術の腕については定評があります。
(ABCも勧誘がなかった&料金が手頃なので好印象です。)

 

どちらがいいかと言うよりは、立地と施術してくれる
ドクターとの相性のような気がしますので、
まずはメール相談を利用して感触を確かめると良いでしょう。

 

ちなみに電話相談はいきなりやると相手が忙しいこともあるので
(地方のクリニックはドクターと助手合わせて2名、なんてところもあるそうで)
ぞんざいな対応をされることがありますから、電話で話したいにしても
まずメール相談でアポを取ったほうが良いそうです。(ヒルタワの人談)