テストステロン 特徴

性格にも影響が出る

テストステロンを多く分泌するの特徴で最もわかりやすいのが
やせ型で筋肉質だということです。
ですがそうでない人の中にもテストステロンが多い人もいます。
そんな人は普段の行動にも特徴があるんです。

 

■家にいないことが多い
テストステロンが多い男性はどちらかといえば家庭的ではありません
それよりも職場の仲間や友人との仲を優先します。

 

また、男女関係なくテストステロンが多い人は浮気症です。
そもそもこのホルモンの働きが「より多くのところにより多くの種を撒け」
というものなので浮気して当然なんです。

 

■負けず嫌い
高テストステロンの人はほぼ確実に負けず嫌いです。
なぜなら女性に人気なのは結局勝者である男性なんです。
部活のキャプテンや大会の優勝者は女性にモテますからね。

 

女性は自分でほとんど決められますが、男性は女性に流されます。
不良の男性が優しい女性が結婚すると男性は優しくなり、
優しい男性が悪女と結婚すると優しかった男性が悪人になってしまう、
という話もあるぐらい男性は女性の目や意見を重要視しているんです。

 

■博奕打ち、大酒飲み
よくある下町などのオヤジを想像してしまいそうですが、
潔い男性はテストステロンが多いんです。
ギャンブルもハイリスクハイリターンの大勝負をします。
お酒も強い人のほうが圧倒的に多く毎日飲みまくっています
■本能的
怒ったりすると理性が飛び、普段は温厚でも暴力を振るったり
してしまいます。
テストステロンが多いと理性で本能を抑えるのが苦手なようです。